法人シンボルマーク




































メインページ > 針生ヶ丘病院 > 看護部 先輩・新人の声
先輩・新人の声



移行教育を終え、看護師資格を取得して。

 
2年間の移行教育を終え、今年無事に国家試験に合格し、看護師の資格を取得する事ができました。合格発表があるまでは、様々な不安もありましたが、発表時には感無量の喜びでした。 これも当病院での移行教育に対する支援や職場の協力・励まし・指導があったからと実感しています。

 これから、学んできた知識を活用し看護師として恥じないよう患者さんへ十分な支援を行えるよう努力していきたいと思います。


諸先輩方からの親切なアドバイスで楽しく働いています。

 
私は就職して今年で2年になります。学生の時から、どのような病気にかかって、症状があらわれるのかばかり興味がありました。実際に働くようになり患者様に関わる中で、同じ疾患でもあらわれる症状が違い、日々どのようにしたらうまくコミュニケーションがとれるのだろうと悩むばかりでした。そこで病棟の諸先輩方からのアドバイスや、指導のもとで発見が多くありました。

 最初は何も分からなくても経験豊富な先輩方からの親切なアドバイス、指導により「一日」を大切にし、楽しく働くことができますよ!


患者様が回復するようチームで関わります。

 病棟では定期的に、毎週ケースカンファレンスを開催しています。病棟看護師以外に、患者様に関わっている臨床心理士や作業療法士、精神保健福祉士が集まって主治医の治療方針に沿って、患者様の問題点の洗い出しや今後の方向性について一緒に考えたり必要に応じて薬剤師や栄養士からの指導を計画します。

 病棟では、常に患者様の側に寄り添い悩んでいることをお聴きし、一緒に解決策を考えたりしますが、患者様の病気の部分だけでなく、健康な部分にも目を向け、患者様がご自分の生活に戻られる手助けをします。

 また、当院では入院患者様の病気や症状などをご家族の方に理解していただくよう臨床心理士や精神保健福祉士が中心となり、家族教室を開催し患者様を取り巻く環境から関わっています。






(公財)金森和心会 針生ヶ丘病院
〒963-0201 福島県郡山市大槻町字天正坦11
 TEL 024-932-0201 FAX 024-925-0166
 病診連携室TEL・FAX 024-932-0600
Copyright(C) 金森和心会 All rights Reserved.